2012年10月16日

本アプリ『30代からの「超」記憶術』リリース!

本アプリ『30代からの「超」記憶術』リリース!10月16日より配信開始!
https://itunes.apple.com/us/app/30daikarano-chao-ji-yi-shu/id567914081
=================================
脳は若返りたがっている!?
頭が活性する技術を伝授!
=================================
mote.jpg

まえがき
 脳活性の黄信号は、もの忘れ
 思い出はリメイクされる
 物忘れこそ脳の活力源
 失敗はチャンス
第1章 脳は若返りたがっている
 脳は生き方次第で進化する
「つながり」で脳機能は向上する
 老化が記憶力低下の原因ではない
 自分のペースで進めよう
 歳をとるほど向上する脳機能がある
 成人後に増加する脳神経細胞とは
 タクシードライバーの脳は発達している?
 脳の若返りが実証された
 脳神経細胞は再生する
 脳は使えば使うほど活性する
 意識して脳を使おう
 ポイントは刺激
 脳をパワーアップする嗅覚・聴覚活用術
 触覚開発で大脳性能が大幅アップ
 聴覚を遮断すると集中力が増す
 音読の効力
第2章 記憶力に年齢は関係ない
 右脳と左脳の違い
 脳には二人の人間が住んでいる?
 右脳は未知の能力の宝庫
 才能を伸ばす技術
 自分の適正≠フ見つけ方
 音楽で右脳機能は劇的に上がる
 ジャンルを変えることで刺激が生まれる
 歌謡曲で左右の脳を鍛える
「イメージ」が右脳を刺激し、「視覚」が言葉を超えて記憶する
 深く刻まれる記憶のメカニズム
 大切なのは好奇心
 イメトレで記憶力アップ!
 人の名前がなかなか覚えられない
 顔と名前の記憶術
 興視覚情報処理を使えばスムーズに記憶できる
 関連づけることで記憶力は向上する
 数字の覚え方
 アイデアの出し方
 ひらめく脳の作り方
第3章 実践! スキマ時間でできる8つの脳トレ術
 記憶は睡眠時間中に整理される
 脳のリラクゼーションは熟睡が一番
〈脳トレ@〉利き腕でない腕で脳活性する
〈脳トレA〉ストレスを解消し、ストレスを溜めない
〈脳トレB〉集中力を高め、記憶を強化する
〈脳トレC〉脳内麻薬を分泌し、達成意欲を増進させる
〈脳トレD〉高齢になるほど機能低下する短期記憶を鍛える
〈脳トレE〉人間観察、情報収集などで直感力を養う
〈脳トレF〉中吊り広告の利用で通勤中に記憶力アップ
〈脳トレG〉地図を描けば、右脳感度がグンと上がる!

〈まえがき〉より抜粋
スピードが求められる現在、過去の失敗にばかりこだわっていては、先に進むことはできません。失敗は、新しいチャンスを与えてくれたのだと前向きに考えるべきです。このように懲りない脳こそが成功を得られる脳です。単に記憶力がいいというだけではだめです。過去の失敗を気にしないで忘れることも大切です。
成功の秘訣というのは、いやな失敗をできる限り早く忘れて、それを糧に新しい挑戦を続けていくことなのです。
どんどん脳によいことをして脳を活性化していけば、日常の生活にもハリが出て、毎日楽しく暮らせるようになるでしょう。そして本書がその一助となってくれれば幸いです。

〈著者略歴〉
米山公啓(よねやま・きみひろ)
作家、医師(医学博士)。1952年、山梨県生まれ。聖マリアンナ大学医学部卒。 聖マリアンナ医科大学第2内科助教授を経て、1998年より本格的な執筆活動を開始。東京都あきる野市にある米山医院で診療をつづけながら、260を超える書籍を執筆。講演会、テレビ、ラジオなど広範囲で活躍している。
著書には、『脳が若返る30の方法』『もの忘れを90%防ぐ法』『親を長生きさせる31のこと』などがある。
AppStoreの電子書籍アプリ『時間術の盲点』は、リリース後4日で有料ブックランキング1位獲得するベストセラーとなった。また、『「願望」を現実化する脳法則』は、同じく有料ブックランキング2位を獲得。電子書籍アプリにおいては不動の人気を獲得している。

−−−−−−−−−−−−−
■概要
−−−−−−−−−−−−−
タイトル :『30代からの「超」記憶術』
カテゴリ :ブック
対応機種 :iPhone、iPad等のiOS4.0 以上搭載の端末での利用を推奨
提供場所 :App Store内
URL  :https://itunes.apple.com/us/app/30daikarano-chao-ji-yi-shu/id567914081
posted by アルページ at 22:23| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。